ナーシングホーム平岸

健康とは

こんにちは😃しあわせ平岸、看護のTKです。

寒からず暑からずの過ごしやすい季節を迎えました。皆様、いかがお過ごしでしょうか?最近、私も40代半ばになり、「健康」について考えることが多くなりました。WHO(世界保健機関)によりますと、健康の定義は、「健康とは、身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、単に疾病のない状態や病弱でないことではない」とされています。「社会的に完全に良好な状態」とは、社会参加がなされていることを意味します。

ある土曜日。入居者様、皆様体調が落ち着いている!今日は歯医者さん他、誰も来る予定が無い!天気も良い!そろそろ皆様、お買い物に行きたいのでは…?と思った私。突然、介護さんに「お買い物、行っちゃダメですか…?」と一言。平岸は、とにかく介護と看護の連携プレーが速い!(私は平岸の看護管理者ですが、平岸のスタッフは全員素敵なので、一緒に働けて本当に幸せです)その1時間後には、お買い物へ😊

素敵な笑顔です!横断歩道のボタンを押すのも、カゴを持つのも、選んでカゴに入れるのも、エコバッグにも入れるのも、していただきます。生活の中で出来ること、何でもリハビリです。

午後からも、お散歩&お買い物へ。

入居者様も楽しそうですが、スタッフも楽しんでいます☺️皆様が笑顔になるお手伝いが出来るなんて幸せ!でも、細心の注意を払ってお散歩していますので、施設に帰ってくると心底ホッとするのは皆様には内緒です🤫そして、私たちが散歩に行っている間、施設内で介護を頑張ってくれる介護士さんの協力あってのこと。この連携無くしてはできないことなので、いつも感謝しています。

お次は、少しコースを変えてお散歩。普段から仲良しなお二人です☺️

3回行ったらだんだんスタッフは暑くなってきて、とうとう半袖に。皆様のお散歩を終えたのも束の間、まだ訪問看護が残っている私は、ある入居者様と歩行練習していました。散歩を終えた入居者様が「少し休んだら?」と。何と優しいんでしょう😂皆様の優しさに支えられています。

最初の話に戻りまして、私はSNSを見るのですが、ある病気になった若い男性が健康について投稿していました。その方は「健康とは、自分の身体以外のことに意識を向けられる状態のことだ」と書いていました。辛い状態にあることをお察ししますが、最近はこれに尽きる気がしています。入居者様は、病気の特性上、体が思うように動かなかったり、痛みがあったり、便秘であったり、様々な状態にあります。出来るだけ、病気のことや身体のことを考えずに過ごす時間が増えるよう、これからも介護と看護、協力していきたいと思います。

夏へと向かう季節の変わり目ですので、皆様も体調には十分にお気をつけください。

健康とは はコメントを受け付けていません